裁断機で本を裁断する


裁断機で本を裁断する

 当サイトでは、本の裁断やスキャンから、iPadでPDFを閲覧する方法まで、自炊について知っておきたいことをすべて解説しています。自炊を始めたばかりの方や、これから自炊をしようと検討している方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

 

 ここでは、実際に裁断機(断裁機)を使って本を裁断する方法を詳しくご説明します。今回使うのは、当サイトでおすすめしている裁断機「プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 」です。

商品名   プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L

 裁断機(断裁機)の中でも1番の安全設計で、ロックを外さないと刃がおりないようになっています。裁断機で手を切ってしまわないか心配な方は、この裁断機を使えば安心です。裁断能力は160枚〜180枚で、たいていの本は一度で裁断することができます。赤い光でカットラインを表示する機能が付いているため、正確な裁断ができます。

価格 サイズ 評価
29450 円 40.2×40.0×16.4(cm) 自炊, 裁断機, 断裁機, 裁断, 断裁, 本, PDF, 方法, 使い方, マニュアル

手順@ 表紙・しおり・厚紙を剥がす

以下では、『IDEA HACKS!』という本を使います。一般的な実用書のサイズで、ソフトカバーの本です。この裁断機は350ページ以下の本はたいてい一度で裁断できますので、この本も1回で裁断できてしまいます。

 

 

まず、本の表紙としおりを剥がします

 

 

次に、裁断しやすいように、厚紙も剥がしとってしまいます

 

 

 

厚紙を剥がしとったら、さらに余計なページを破り取ります

 

 

手順A 裁断する

余計なページを破りとったら、次は本を裁断機にセットします
(本をノリで綴じている側が刃の下に来るように注意してください。)

 

 

この裁断機は裁断する位置を赤いレーザーの光で確認できるので、大きくズレることはないと思います(ですが、より正確に裁断するには、最終的に刃が下りる下の部分を見るのがポイントです。刃を受ける板(受け木)には、刃が下りる位置に跡がついています(下の写真では赤線)。たいていの場合、本の先が受け木の端(下の写真の青線)に来るようにセットすれば、ちょうど良い位置で裁断することができます。)

 

 

そして、安全ロックを片手で押して解除しながら、もう片方の手でレバーを下ろします。(この裁断機は安全ロックが付いているので、とても安心です。一度レバーを下ろし始めてしまえば、安全ロックから手を離しても大丈夫なので、両手でレバーを下ろせます。)

 

 

本が下まで裁断できたら、「プッツン」という音がします。
念のため、反対側から下まで切れているか確認しましょう。

 

 

これで裁断は終わりです。

 

 

 

<ここまでの所要時間 約2分>




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が参考になりましたら、クリックしてシェアしていただけると嬉しいです。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメの記事は…

ScanSnapの設定(初回のみ)

ScanSnap Managerの設定方法を解説します。

自炊(本の電子化) 関連記事

自炊(本の電子化)とは
本をスキャンしてPDF形式で保存する「自炊」(本の電子化)とそのメリットを説明します。
自炊に必要なもの
自炊(本の電子化)に必要な「裁断機」と「スキャナ」をご紹介します。
裁断機で本を裁断する
裁断機を使って本を裁断する方法を説明します。
ScanSnapの設定(初回のみ)
ScanSnap Managerの設定方法を解説します。
ScanSnapで本をスキャンする
実際にScanSnapを使って本をスキャンする方法を詳しく説明します。
AcrobatでOCRをする
Adobe Acrobatを使ってPDFをOCR(文字認識)する手順を説明します。
自炊した本をiPadで読む
PDF化した本をiPadに転送して読むためのアプリをご紹介します。