Documents in the Cloud



   <お知らせ>
MacユーザーにおすすめのWebサイト「StackSocial
MacアプリのBundle(詰め合わせ)が格安で購入できる海外のサイトで、私もデザインや開発系のアプリや素材を購入するのに月2、3回使ってます!



Documents in the Cloudとは

今回のMountain Lionの新機能の1つでもある、「Documents in the Cloud」についてご紹介します。

 

 

「Documents in the Cloud」とは、iCloud上にPages, Numbers, Keynoteなどのドキュメントを保存して、それをMacやiPhone、iPadから編集できる機能です。いずれかのデバイスで編集すると、その変更がiCloudを通して同期されるので、シームレスな編集ができます。

 

Mountain Lion以前は、iPhoneとiPadではiCloud上に保存されているドキュメントを直接編集できましたが、Macではそれができなかったので、SafariでiCloudを開いてドキュメントをMacにダウンロードし、編集後にまたSafariでアップロードするというAppleらしくない不便な状態でした。これがMountain Lionで改善されたので、ドキュメントを全てiCloudで管理することを検討するに値すると思います。

実際にPagesで試してみた

まず、Pagesを開きます。

 

ここで、「テスト@」と「テストA」というドキュメントを作成しました。

 

ちなみに、ドキュメントをドラッグして重ねるとフォルダが作成できます。

 

フォルダ名の変更の表示が出ました。まさにアプリのフォルダみたいなデザインです。

 

iPadで開いてみると、ちゃんと同期されています。

 

今までは編集してから同期されるまでに時間がありましたが、今回のアップグレード後は同期がスムーズになった印象があります。文書の内容を編集して他のデバイスで立ち上げたら、数秒程度でちゃんと同期されるようになりました。

オフラインでも閲覧&編集ができる!バックアップも安心!

今までSugarSyncDropboxに文書を同期して、Macで編集しiPhone・iPadは閲覧用になってしまっていた方もいると思います。ですが、Documents in the CloudがMacでもできるようになった今、確実にiCloudに乗り換えるのを検討する価値があります。

 

オフラインで閲覧&編集ができる

 

SugarSyncやDropboxでは、PC上のファイルと同期する形式だったので、オフラインでも閲覧や編集ができました。Documents in the Cloudは、一見するとiCoud上にアップロードした文書を編集しているように見えますが、実はMac上にファイルを保存して同期させるというSugarSyncと同じ形式になっています。ローカルに保存して同期させているため、オフラインでも閲覧&編集ができます

 

iCloudにアップロードした文書のMacでの保存場所は、Pagesの場合「ライブラリ→Mobile Documents→com-apple-Pages→Documents」に保存されています。NumbersやKeynoteファイルは、「com-apple-Pages」のPagesの部分をNumbers, Keynoteに置き換えた場所に保存されています。

 

 

ちなみに、ライブラリの開き方が分からない場合は、Finderを開いている状態で画面上部のメニューバーの「移動」をクリックし、「Option(alt)」キーを押してください。そうすると、「ライブラリ」という項目が表示されるはずですので、クリックして開いてください。

 

 

 

バックアップも安心!

 

ということで、iCloud上にアップロードされているファイルはMac内に保存してから編集されることが分かりました。したがって、文書を編集中にMac上にバージョンが作成され、Time Machineのバックアップも行われるので、Time Machineに入って文書の変更をさかのぼれます。

 

 

もし、これでも安心できない場合は、SugarSyncで文書が保存されている「Documents」フォルダを同期させれば、上書き保存直後にバックアップを作成し、過去5つまでの上書き保存のデータが保存されます。

iWorkアプリをダウンロード

今までMicrosoft Office for Macを使っていた方は、ぜひこの機会にiWork(Pages, Numbers, Keynote)を使ってみてください。以下のアイコンまたはアプリ名をクリックすると、MacAppStoreのアプリのページに飛ぶことができます。それぞれ1700円なので、Microsoft Officeよりも格段に安いです。

 

<Mac版 iWorkアプリ>

PagesApp

¥1,700

Pagesは、Microsoft OfficeのWordに相当する文書作成ソフトです。iPhone・iPad版アプリもあるので、Macで作成したPagesファイルをiPhone・iPadで閲覧・編集することができます。その逆も可能です。

→iPhone・iPad版Pagesのダウンロードはこちら

 

NumbersApp

¥1,700

NumbersはMicrosoft OfficeのExcelに相当する表計算ソフトです。こちらもiPhone・iPad版アプリがあるので、Macで作成したNumbersファイルをiPhone・iPadで閲覧・編集することができます。

→iPhone・iPad版Numbersのダウンロードはこちら

 

KeynoteApp

¥1,700

Keynoteは、Microsoft OfficeのPowerPointに相当するプレゼンテーション作成ソフトです。Appleも新製品の発表会で使っています。iPhone・iPad版アプリもあるので、Macで作成したスライドを使ってiPadでプレゼンすることもできます。

→iPhone・iPad版Keynoteのダウンロードはこちら




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が参考になりましたら、クリックしてシェアしていただけると嬉しいです。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメの記事は…

Mac必須アプリ

Macアプリの中で、私が実際に使って良かったアプリを厳選して紹介します。

Mac 関連記事

覚えておきたいショートカット@
Windowsの「切り取り」に相当するショートカットなど、Macユーザーが覚えておきたいショートカットをご紹介します。
覚えておきたいショートカットA
CapsキーをCommandに変えてコピペを楽にする方法、フォルダの階層を移動するショートカット、アプリを素早く立ち上げる方法などをご紹介します。
Macアプリ
Macのおすすめアプリをご紹介します。
Mac必須アプリ
Macアプリの中で、私が実際に使って良かったアプリを厳選して紹介します。
仕事の生産性を高めるOmniシリーズ
タスク管理、プロジェクト管理、アウトライン作成、グラフ・チャート作成など、仕事の生産性を高めるOmniシリーズの5つのMacアプリを紹介します。
Mountain Lion
Mac OS X Mountain Lionの新機能についてご説明します。
Documents in the CLoud
Mac・iPad・iPhoneでの文書編集をさらに便利なものにする「Documents in the Cloud」についてご説明します。